会社概要・沿革

会社概要

社名 明和鋼業株式会社
代表取締役 貴志 素行
振込資本金 1,000万円
現投入資金 5億円
創業 昭和38年 6月
設立 昭和38年12月
社員数 男16名 女4名 計20名
事業内容 軽量形鋼の製造販売
特殊形鋼の製造販売
ベンダー曲げ加工
取引銀行 りそな銀行 鶴橋支店
近畿産業信用組合 今里支店
三井住友銀行 今里支店
三菱東京UFJ銀行 今里北支店
主な取引先 住友商事(株) JFE商事(株) 芝本産業(株) 阪和興業(株)
住金物産(株) (株)カノークス (株)オクジュー サミットスチール(株)
日成ビルド工業(株) 関包スチール(株) 中山通商(株)
小野建(株) 清和鋼業(株) 三栄金属(株)
(株)杉江商会 白洋産業(株) 兼松トレーディング(株)

沿革

昭和38年 7月 軽量形鋼の製造に着目し、フォーミングマシンの成形機の研究及び金型等に関しての研究を開始及び試作実施。
昭和38年 12月 明和鋼業株式会社を創立し、各種の軽量形鋼の製造販売に乗り出す。
昭和40年 1月 特殊形鋼の加工及び受注生産方式にすべくドローベンチ成形機を一台(22.5KW)新設。
昭和42年 7月 八尾市弓削834に工場新設。
若江工場に新しく小型のロールフォーミング成形機を一台完成し、第2号機とする。
昭和45年 2月 強力中型フォーミング成形機(22.5KW)稼動開始、第3号機と命名する。
昭和45年 5月 中型高速フォーミング成形機(22.5KW)稼動開始、第4号機と命名する。
昭和47年 8月 中型フォーミング成形機(22.5KW)を発注、完成稼動する。第5号機と命名する。
昭和53年 9月 四條畷市蔀屋新町6丁目18に四条畷工場を新設。
強力中型フォーミング成形機(37.5KW)稼動開始。第6号機と命名する。
昭和57年 2月 本社を大阪市東成区東中本3丁目3番3号に建設。
平成元年 11月 中型高速フォーミング成形機(22.5KW)稼動開始。第7号機と命名する。
第4、6、7号機に精密切断装置を設置。
平成15年 1月 小型アングルベンダー稼動開始。
平成23年 12月 本社及び四条畷工場、日本工業規格表示認証取得。
JIS G 3350(一般構造用軽量形鋼)
現在に至る。
 
  • 日本工業規格に適合しています

お問い合わせ先

明和鋼業株式会社 06-6974-8121
FAX:06-6971-2698
〒537-0021
大阪市東成区東中本3-3-3
Mail:info@meiwakogyo.jp
お問い合わせはこちら

このページの先頭へ戻る